求められる英語力はどのくらい?

外資系の会社では英語は必須なの?

外資系の会社に入社しようと思ったときに英語は必ずしも必須ではありませんが、できた方が良いことは間違いないです。外資系の会社といっても日本国内に会社があるのであれば社員の大半が日本人であることが多いでしょう。そうなると当然社内でのコミュニケーションは日本語で行うことが多くなります。しかし配属される部署によっては社内コミュニケーションすべてが英語で行われるという場所もあるでしょう。外資系の会社のすべての会社、部署で英語が必要なわけではないのです。自分が行く部署が英語を使用して仕事を進めることが求められているのであれば英語は必須の能力となります。部署が英語を使っているかどうかは面接の際にどんな仕事をしているのかを詳しく聞くことで把握できるでしょう。

仕事で使う英語力とは?

求められる英語力とはリスニング、リーディング、スピーキングの3つです。ライティングを求められることもありますがライティングはインターネットが使用できれば便利なツールがたくさんありますのでスペルが苦手な人でも仕事に支障のない程度には行うことが出来るでしょう。リスニング、スピーキングは日常会話程度にできても会社ではコミュニケーションを行うのにしか役に立ちません。仕事で使用するにはその会社の業界によって専門的な用語、会話が必要となってきます。とはいえ働いているうちに専門知識は身についていきますので、初めの時点で必要な英語力は面接を突破できるくらいの英語力です。基本的な受け答えができる英語力、コミュニケーション能力があればよいでしょう。