外資系の会社は全て成果主義?

成果主義が採用されている外資系企業の選び方

過去の経歴よりも新しい職場内での活躍ぶりが評価される外資系企業は、比較的若い年代の転職希望者の間で人気が集まっています。
成果主義が採用されている外資系企業における働き方については、数々のビジネス誌などで取り上げられることがありますが、各企業の業務の評価のポイントを確認しながら、焦らずに転職先を決めることが大事です。
また、成果主義と年功序列の制度が上手く導入されている外資系企業は、様々な職種の社会経験を活かしやすいことや、中高年層にとっても働きやすいといった魅力があります。
そこで、外資系企業の理想的な働き方を選ぶうえで、転職相談会などに参加しながら、複数の企業の人事の評価制度の特徴を理解することが肝心です。

キャリア診断で外資系企業の職種を選ぼう

外資系企業には、国内の企業にはない魅力がありますが、特に職種にこだわって転職先を見つけるにあたり、余裕を持って複数の企業のスタッフの仕事内容や役割などに注目をすることがおすすめです。
また、転職活動をスムーズに進めるうえで、転職支援サイトを利用してキャリア診断を行うことで、各自のスキルや経験、能力に合った職種を見極めることが大事です。
マーケティングや総務、企画などの広い範囲の知識が要求される職種に就くために、各企業の中途採用の試験の動向を探ることはもちろん、将来のキャリアにつながる経験が積めるところを選ぶことがポイントです。
その他、興味のある分野の外資系企業の転職を成功させるうえで、いくつかの企業の人事担当者とコンタクトを取ることが効果的です。